室内にいるのにしもやけが

とくにつま先、手指がとても冷たくなります。冬になると、そんなに寒い地方と言うわけではないのに、それにそんなに外を出歩くわけでもないのに、耳や足指にしもやけができます。毎年12月に入ったころ、すでに耳にしもやけ。「なんで?」と友人に不思議がられます。血圧が少し低いほうなので、そのせいもあるのかと思います。

室内にいるのにしもやけが

あと、献血をしようと思って、献血カーに行ったら、検査してもらったところで、「あなた、血が薄いから献血できませんね。」と言われてしまいました。最近見たコマーシャルのセリフのようです。それも関係あるのでしょうか。冬場は、ゆたんぽがないと布団に入っても足先が冷たくて、寒くてねつけません。分厚い靴下をはいていても、そうです。昼間は、保熱効果のあるハイソックスの上に、分厚い靴下をはき、さらにルームシューズをはきます。そんなわたしは、冷え対策として、いろいろな飲み物、たべものにしょうがを入れます。紅茶、味噌汁、にもの、いためものなど。しょうがの砂糖漬けというのもつくってみました。これは辛いけれど、たべると体がほかほかしていいです。